もう銀行に行くな!海外送金は1番手数料が安いトランスファーワイズ しかも早い・簡単 【Transferwise】

セミリタイアとお金

海外送金って手数料が高かったり、マイナンバーの手続き銀行でしたり面倒だったりしませんか?

トランスファーワイズでは手数料も大手銀行と比べ安くネットで簡単に海外送金がすることができます。

この記事ではトランスファーワイズについて使い方手数料についてご紹介します。

1.Transferwise(トランスファーワイズ)  とは

オンライン上で海外送金ができるサービスです。

他銀行と比べて最大8倍手数料が安くなると謳っているように、トランスファーワイズは手数料が安いです。

\公式サイトで詳細をチェック/

Transferwise 仕組み

Transferwiseのしくみ

人件費などの隠れコストを下げて他銀行より安い手数料で送金できるそうです。

2.海外送金手数料が激安

Transferwiseのページに行くと海外送金にかかる手数料を比べる事ができます。

例えば日本円で10万円をアメリカ$で送金するとします。

大手ネットバンクと比べても手数料も圧倒的に安く最終的な受け取り金額が高いです。

またPayPalは手数料は安いですが最終的に受け取れる金額が低くなっているのは、隠れたコストがかかっているためと思われます。

銀行の表面的な文句に騙されないでね。

3.登録方法

登録はもちろん無料だよ。

右上の「会員登録」をクリック。

必要項目を記入して「会員登録」をクリック。

そのまま送金画面に進む事もできますが、まずは会員登録を終わらせましょう。
メールの受信ボックスを確認すると「Transfwerwise」からメールアドレス確認のメールがきています。

「メールアドレスを確認」して「続行」をクリック。

登録完了です。

次は早速送金してみよう。

\とりあえず無料で登録/

4.送金方法 やり方

送金方法の主な流れは以下のようです。

Transferwise 送金の流れ
  • ①送金する金額の指定
  • ②受取人情報記入
  • ③本人確認(初回のみ)
  • ④送金詳細確認
  • ⑤Transferwiseに入金
  • ⑥入金が確認され次第Transferwiseから受取人へ送金

送金方法 ①金額の指定

ログインしたあとのホーム画面から「送金する」をクリック。

手数料見た?激安かよ。

個人アカウントを選択。

友人や個人に送る前提で話をしていますのでその他を選択。

送金方法 ②受取人必要情報

ここからは受取人によって必要記入項目が異なります

受取人必要情報まとめ
  • IBANコードヨーロッパ内在住EUR
  • IBANコード+SWIFTコードヨーロッパ外在住EUR
  • ルーティングナンバー+受取人住所+口座番号アメリカ在住USD)
  • 口座番号(NSZ

受取人によって必要情報は異なります。

IBANコードは相手の小切手に書いてあったよ。

例)ヨーロッパ内の人にユーロで送金
例2)ヨーロッパ外の人にユーロで送金

米国の人にUSDで送金
米国の人にUSDで送金

「確認」をクリックしたら次に本人確認の画面になります。

送金方法 ③本人確認(初回のみ)【必要書類】

海外送金の際、初回のみ本人確認が必要です。

本人確認必要書類の例
  • 日本の運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 日本のパスポート(顔写真ページと所持人記入欄ページがあるもの)

※パスポートには日本語で住所が書かれている必要があります。

携帯で撮影した画像をアップロードするほうが楽なので、携帯でQRコードを読み取りログインしましょう。

このように本人確認書類が選べますので、お好きな本人確認書類を選んで指示に従って写真をアップロードしてください。

Transferwise 4桁の認証コードとは

本人確認の際に4桁の認証コードを持って撮影するよう求められます。

認証コードは説明の画面に出ています。(下画像参照)

「認証コードを持って」とはどういう事かというと、このようになんでもよいので、紙にペンで認証コードを書き、手に持って撮影すればよいです。

Transferwise 4桁の認証コード

こんな感じ!

マイナンバーカードがある人はあとでマイナンバーカード提出求められるので始めからマイナンバーカードで本人確認をしたほうが楽です。

携帯で本人確認書類をアップロードしたらパソコンに戻って「手続きを完了させました」をクリック。

海外居住者でマイナンバーカードカードがない人でも大丈夫

送金方法 ④送金詳細確認

送金の詳細を確認します。

送金詳細を確認して、利用規約に同意します。

まだお金は振り込まれないから「確認」を押して大丈夫ですよ。

ここまでで送金の詳細まで決定できました。
あと送るお金をTransferwiseに振り込めばTransferwiseが受取人に送金してくれます。

送金方法 ⑤Transferwiseに入金

入金方法は2つ

・銀行から振込で入金

・デビットカードで支払い

クレジットカードはないみたい。

送金詳細を確認すると、入金する画面に進みます。今回は銀行振込の方法で進みます。

振込の際に自分の氏名・会員番号を振込名義人へ記入する事を忘れずに!

振込名義人例)YAMADA TARO P12345678

指定されたTransferwiseの振込口座に金額を振込み、「振込を行いました」をクリック。

Transferwise側が振込を確認し次第送金されます。

会員氏名と会員番号の確認方法

ホーム画面の右上のアイコンにカーソルを合わせると出てきます。

入金 クレジットカード

残念ながら銀行振り込みかデビットカードのみの利用です。

クレジットカードは使用できません。

⑥Transferwiseから受取人へ送金 送金日数

Transferwiseに振り込みが確認され次第受取人に送金されます。

ホーム画面から送金状況を確認する事ができます。

\とりあえず無料で登録/

5.海外送金が早い

上の画面でもわかりますが、私の場合海外送金にかかった日数は1日です。
翌日には本人から受取確認ができました。

送金詳細
  • 2月17日 送金手続き完了 ネットバンクからTransferwiseに振り込み
  • 2月17日 担当部署にて入金(JPY)確認
  • 2月17日 TransferwiseがEURを送金
  • 2月17日 送金完了

激早です。

全て家の中で完結する点も好き。

6.Transferwise まとめ

  • 早い
  • 安い
  • 簡単

これらが揃ったTransferwiseです。

銀行に出向く必要もありません。

もっと早く知っておきたかった海外送金Transferwise。

今後海外送金をすることがありましたら、是非使ってみてください。

在留カードでもできるから、外国人の人にもおすすめ!

とりあえず無料で登録

タイトルとURLをコピーしました