知らないと損!お金をもらいながら日本語教師になる方法

セミリタイアとお金

国際結婚や海外移住に興味がある人は一度は考えたことはあると思います。

日本語教師になれれば、ある程度大きい海外の都市であれば職はあるだろうし、日本に興味を持った外国人に日本語を教えられるのは、やりがいのある仕事だと思います。

ただ日本語教師になるには様々な条件があり、仕事しないといけないしお金もかかるしで考え直してしまう方は多いのではないでしょうか。

私もそうでした。もっと早く知っておけばよかった・・!

なんと失業給付金や、職業訓練受講給付金をもらいながら日本語教師になれるんです!

今回はその方法や条件、日本語教師について書いていきます。

※値段は2020年3月2日調べです。変わるかもしれません。ざっと参考程度に見ていただければと思います。

※あくまで興味がある人に参考になればと記事を書いています。行動は自己責任でお願いします。

この記事でわかること
  • 一般的に日本語教師になる方法(費用と相場も解説)
  • お金をもらいながら日本語教師になる方法
  • 失業給付金と職業訓練受給給付金について
  • 対象の日本語教師学校の探し方

給付金の種類も2つあって名前難しいけど、解説しているので是非最後まで読んでいってくださいね。

2.からが本題です。
日本語教師になる条件を知っている人は飛ばして2にいってくださいね。

1.一般的に日本語教師になるには 費用と方法

一般的に日本語教師になる方法は3つあります。

  • 大学・大学院日本語教育を専攻する
  • 日本語教師養成講座420時間コースを修了する
  • 日本語教育能力検定試験に合格する

大学・大学院日本語教育を専攻する

国公立大学相場費用:250万円程度

私立大学相場費用:400万円程度

卒業まで:年間

お金と時間がかかります。

今まさに大学進学を考えていて、日本語教師になる決意がある人にはいいかもしれません。

長い!高い!

今あなたが大学進学を考えているなら、あり。

日本語教師養成講座420時間コースを修了する

【通学】

相場:50万円~60万円程度

期間:勉強時間と試験含め約1年

ざっとGoogle検索して出てきた日本語教師学校の料金はこんな感じでした。

KEC日本語学院  入学金+420時間コース  税込 566,830円

資格の大原     入学金+420時間コース  税込 495,000円~544,300円

ヒューマンアカデミー 入学金+420時間コース   税込 616000円

※ヒューマンアカデミー詳細はこちら→日本語教師養成講座

日本語教師学校のメリット

・日本語サポートあり

・求職情報紹介制度あり(学校による)

友達が60万円支払って日本語教師養成学校に通って、学校の紹介でタイで日本語教師しています。

そして今は可愛いタイ人彼女ゲット!

その名もリボンちゃん!
幸せに暮らしているようです。

【通信】

相場:14万円程度

期間:半年~1年間

BBI 420時間コース 豪1740ドル=127964円(2020/10/30時点)

WJLC  日本語教師養成420時間総合講座 (一般通信講座+マスター講座) 豪ドル1,740=127964円(2020/10/30時点)

通信講座は通学講座に比べ安い!

豪ドルでの案内という事もあり、「中学校程度の英語が理解できる方」対象です。

安い!が通信のためサポートは薄い印象。

とりあえず将来のために日本語教師の資格を持っておきたい人にはオススメ。
420時間がクリアできるからね。

日本語教育能力検定試験に合格する

日本語教育能力検定試験費用 受験料:10,800円

独学で勉強して日本語教育能力検定試験に合格する方法です。

1番安い方法。

試験は年に1回のみ。
落ちたら来年というのはモチベーション的にも計画的にもリスキー。

420時間修了コースとは別に自力で日本語教育能力検定試験に合格するための講座もあるみたいです。

<参考>

アルク NAFL日本語教師養成プログラム 税込 10,3400円

講座を受けた人の合格率が66.3%

アルクの詳細はこちら→<検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

令和元年度は受験者数9426人のうち合格者数2659人です。

合格率は28.2%

用意に合格できるわけではないみたいです。
講座を受けて確実に日本語教師になる資格をとったほうが良さそうです。

ここからが本題

2.お金をもらいながら日本語教師になる方法

以上で説明した方法は全て、お金を支払って日本語教師になります。

反対にお金をもらいながら日本語教師になる方法もあるのです。

方法は2つ。

条件があるので、まずはご自身がどちらに当てはまるか考えてみてください。

2-1.【失業給付金】をもらう

失業給付金を受給するための条件

・離職前の2年間に雇用保険の被保険者期間が12カ月以上

・(倒産・解雇等の理由により離職された場合は)離職前の1年間に雇用保険の被保険者期間が6ヵ月以上

 参考:雇用保険 被保険者の皆様へ

会社を辞める前に2年間の間に雇用保険に12カ月以上加入していたかどうか!?

既に会社を辞めている人、これから会社を辞める予定の人、チェックしてみて!

ここでの12カ月以上雇用保険に加入というのは継続していなくても合計で数えられます。
(例:3ヶ月間雇用保険に加入→離職3カ月後転職→9カ月間雇用保険に加入→離職)でも対象になります。

倒産・解雇等の理由により離職した場合は特定受給資格者または特定理由離職者となり、簡単にいえば失業給付金が3ヶ月待たずにもらえたり、もらえる条件がゆるくなります。

参考:特定受給資格者または特定理由離職者の範囲と判断基準

失業給付金をもらうには離職後7日間の待機期間や3ヶ月の給付制限があったり、かなりややこしいです。

これについては詳しく書いている人がいると思うので検索してみましょう。

ハローワークに行くとかなり具体的に教えてくれますので、離職前に行くのをおすすめします!

私はただお金もらいながら日本語教師になる方法あるよ!と伝えたいだけです。すみません超詳しく書けなくて。

こちらもかなり参考になります。税理士の大河内先生の解説です。

自己都合退職を会社都合退職に変える方法!退職後すぐに失業手当が受けられる!

失業給付金はいったいいくらもらえる?

失業給付金は離職前の給与と年齢によって額が変わります。

失業給付金 給付額 例)

◆離職時の年齢が 29 歳以下

賃金日額 5,010 円以上 12,330 円以下 であれば 給付率80%~50%

基本手当日額 4,008 円~6,165 円 

1ヶ月30日だと月に120240円~184950円もらえることになります。

詳しくは厚生労働省のページ載っています。

自分がいくらくらいもらえるのかチェックしてみてください。

参考:雇用保険の基本手当(失業給付) – 厚生労働省

月に15万円とかお金をもらって勉強できるって最高じゃないですか?

職業訓練校 

失業給付金をもらいながら日本語教師になるには指定された職業訓練校に行く必要があります。

ハローワークに行けば教えてくれますが、インターネットからでも検索できます。

こちらで「公共職業訓練」詳しい検索でキーワード「日本語」等で検索すると出てきます。

教科書代や交通費は自己負担ですが、失業給付金をもらいながら勉強ができたら最高じゃないですか?

ハローワークに行って話をすると条件や今募集している学校、次に開校の学校情報を教えてくれますので、ぜひまずは行ってみて話を聞いてみてください。

離職前でも話聞いてくれます!離職前に確認に行ってみてください!

日本語教師養成講座開講のタイミングに合わせて離職することもできるしね。

2-2.【 職業訓練受講給付金(求職者支援制度)】をもらう

雇用保険1年も払ってないわ!

雇用保険受給資格者じゃないわ!

という人でも大丈夫!

雇用保険受給資格者になれなかった人のための給付金「職業訓練受講給付金(求職者支援制度)」というものがあります。

職業訓練受給給付金の対象者
  • ハローワークに求職の申込みをしていること
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

例えば、●雇用保険に加入できなかった●雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給終了した●雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない●自営業を廃業した●就職が決まらないまま学校を卒業した などの場合が該当します。

職業訓練受講給付金を受給するための条件

次の要件を全て満たすことが必要です。

  • 本人収入が月8万円以下(※1)
  • 世帯全体の収入が月25万円以下(※1、2)
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下(※2)
  • 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  • 全ての訓練実施日に出席している(※3)
  • 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない(※2)
  • 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

参照:職業訓練受講給付金(求職者支援制度)ー厚生労働省

↑細かい条件※について必ずリンクをチェック。

私は当時ニートでしたが親と住民票が同じだったため、世帯全体の収入の条件が合わず、対象外でした。

1人暮らしで貯金300万円以下の人におすすめ!

こちら詳しい条件載ってるので必ず確認してください。

参照:職業訓練受講給付金(求職者支援制度)ー厚生労働省

参照:求職者支援制度PDF

寄宿手当もあり

学校が遠くて通勤が困難な場合や、学校に通うのに往復4時間以上かかる場合は寄宿手当ももらえます。原則月に10,700円支給されます。(うーん、もっと欲しい・・)
参照:労働者支援制度ー寄宿手当

求職者支援訓練校

ハローワークに行けば教えてくれますが、インターネットからでも検索できます。

こちらで「求職者支援訓練」詳しい検索でキーワード「日本語」等で検索すると出てきます。

検索する時期にもよるのかもしれませんが、「公共職業訓練」で検索したときよりも講座の数が多いように感じます!

3.たとえ給付金の条件を満たしていてもみんながみんな学校に通えて給付金ももらえるわけじゃない 【選考あり】

募集ページ見た人はおわかりと思いますが、応募=学校に行けるわけではなく、選考があります。

募集がかかってる学校は説明会があったりします。

気になる日本語教師教師養成講座の説明会にまず行く事をおすすめします。

雰囲気も通学時間もわかるので、是非まずは行ってみてください。

私も1回行ったことありますが、説明会は満席でしたよ!

お金をもらいながら日本語教師になれる方法です。
人気は必至。

まとめ

条件にあてはまるのであればやってみて損はないと思います!

選考に通ればお金もらいながら勉強できる!通らなければ通信講座だったり、自力で勉強すればよいのです。

雇用保険受給資格者ならば、失業給付金をもらいながら公共職業訓練に通い日本語教師に!

雇用保険受給資格者でなければ、職業訓練受講給付金をもらいながら求職者支援訓練に通い日本語教師に!

どちらにも当てはまらなければお金はもらえませんが自分にあった方法で勉強して日本語教師に!

特に今就業中の方は知っていて損はないと思います。離職するなら計画的に。

世の中知らないと損する事はたくさんあります。無駄にお金を使わないように!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 hito animal
タイトルとURLをコピーしました