映画館に行くのをやめて自宅をホームシアターにしたら最高だった

〇〇をやめる

この世の中はモノで溢れている。

「今までこうしてきたから」「みんなそうしてるから」などの理由で、必要ないのに無駄にお金や時間を使ってしまっている事はなかろうか。

今回は「映画館に行くのをやめる」を実践したことに関する記事です。

もう5年間は映画館に行っていない私が、自宅で極上のシネマライフの送り方を紹介します。

1.映画館のここが好きじゃない

映画館とは、そこまで良いものでしょうか?

2時間程度の動画を見るためにわざわざ知らない人の隣に座りますか?

【料金】

一般料金でだいたい1800円~1900円です。

こんなに高かったっけ!?

【場所・時間の制約】

見たい映画がある映画館に、指定の上映時間に行かなければいけません。

面倒くさい!

【トイレ】

上映時間にトイレに行けば、もちろん映画はあなたのために一時停止してくれません。

【人ストレス】

同じ箱の中にいる人間同士、気を使わなければなりません。例えば

  • 自分の席にたどり着くまでに腰をかがめて避けるように歩く
  • ここなら隣に人来ないだろうと取った席、だが隣にがっつり人がくる
  • 後ろの人の足が自分の席に当たってくる気がする
  • その肘置きは私の?あなたの?
  • 隣の人めっちゃ喋ってる

面倒くさい…。

2.自宅をホームシアターにしたら最高だった

そんなに必要な物はありません。

テレビをやめてプロジェクター&スクリーン生活で好きなものを好きなときにだけ見る生活は最高です。

以前「テレビをやめる」記事も書きました。テレビなし生活はかなりおすすめです。

とにかく自由

自分の家です。自由です。

  • 好きなときに見れる
  • 好きな態勢で見れる(寝ても鼻ほじってもOK)
  • ペットと一緒にいられる(猫が横で寝ている幸せ)
  • 好きなお菓子、ドリンク
  • トイレもいつでも行ける
  • つまらなければ中断もできる(時間の無駄がない)

自宅で100インチ 大画面

もちろん映画館ほどではありませんが、100インチともなると部屋の壁一面がスクリーンになり迫力も十分です。プロジェクターをきちんと選べば映像もとても鮮明で、画面に没頭できます。

うちの和室ホームシアターです。

3.ホームシアターにするために必要なモノ

必要な物はプロジェクタースクリーンスピーカーAmazon Fire Stickです。プロジェクターを置く台は高さや位置が合えばなんでも大丈夫です。各アイテムを細かく見てみましょう。

プロジェクター 選び方

RICOH PJ S2440

プロジェクターをきちんと選ばないとせっかくのホームシアターが台無しになります。

プロジェクターを選ぶうえで【画素数】【ルーメン】【投影画面サイズ】に気を付ける必要があります。

【画素数】HD、できれば4Kが可能なもの

画質はHD、できれば4Kが可能なものが良いと言われています。

HD(High Definitionとは一般的に画素数は1280×720が一般的で、約92万画素です。

フルHDが画素数は1,920×1,080で207万3,600画素です。

4Kとは、一般的に画素数が3,840×2,160で829万4,400画素です。

画素数が高ければ高いほど画質が良くなります。

8Kなんていうのもあるみたいです!解像度は7,680×4,320で3,317万7,600画素!

YouTubeでもHD(高画質)で視聴するボタンがある時あるよね。

ちなみにうちのプロジェクターは画素数48万画素(800×600)でHDには及ばないけど、十分ホームシアター満喫できています。

【ルーメン】光の強さ 家庭用は2000lm以上

lmの単位のものです。数値が高ければ高いほど明るくなります。

家庭用では1000~2000lm、業務用では2500lmが目安と言われていますが、個人的には2000以上はあったほうが良いと感じます。

今使用しているプロジェクターが3000lmでかなり明るく見やすいです。明るいプロジェクターを選んで良かったなと思います。

伝わるかな明るさ。暗い部屋で暗い映像見るの嫌でしょう?

【投影画面サイズと投射距離】100インチで見るには距離何m必要?

RICOH RICOH PJ S2440 公式ページより

100インチにこだわる必要はありませんが、大画面で映画を見たいのならば、気になるプロジェクターの投影画面サイズと投射距離を確認しましょう。

確認不足で部屋の中の距離が足りない!なんて事がないように。

プロジェクターを置く位置もだいたい想像しておきましょう!

うちのプロジェクターの新型。

スクリーン 巻き上げ機能ありのもの

意外と値段が高いです。スクリーン。

家が白壁の人は必要はありません。

ただのロールスクリーン 安いが面倒 レビュー

大体3000円~5000円程度で販売しています。

安いですが面倒です。私はケチってロールスクリーンにしましたが後悔しています。

壊れたら次は絶対に巻き上げ式を購入する予定です。

本当に面倒です。

長くホームシアターと付き合うなら、絶対に巻き上げ式をおすすめします。

見えますか?ロールスクリーンだと、フックで吊るしたときにスクリーンが平にならないので、重しとしてハンガーを吊るしています。

カッコ悪いですね…。

巻き上げ機能付き 高いが快適

巻き上げ機能がつくと便利ですが値段が上がります

手動の巻き上げ機能のものだと、12000円程度で販売しています。

電動の巻き上げ機能のものだとさらに値段は上がり、16000円~30000円程度で販売しています。

電動じゃなくていいから、手動の巻き上げ機能があるものをオススメします。

ロールスクリーンを使っている私が心からロールスクリーンはおすすめしないです。

電動はカッコイイがそんな金ナシ。

スピーカー

バータイプ

最近主流となっているようです。

バータイプは置く場所に困らず迫力も十分に楽しめるようです。

2.1 ch 型

2.1chは左右に2本のスピーカーとサブウーファーを配置するスピーカーです。

一般的なスピーカーのイメージだと思います。

ぶっちゃけパソコンのスピーカーでもいいと思う。

5.1 ch型

5.1chのスピーカーは、2.1chスピーカーにさらに後方に2本のリアスピーカーが設置されたものです。前・前方左右、後方左右で全部で5つのスピーカーから音を楽しむ事ができます。

本格的なホームシアターにしたい人は検討してみても良いかもしれません。

たっけ。

私は家にあった2.1chタイプのスピーカーを使用しています!

ケーブルの長さに注意

新たにスピーカーを購入する事を考えている人は、ケーブルの長さに注意して下さい。

一般的にスピーカーはスクリーンの左右に設置しますが、プロジェクターはスクリーンから3~4m離れていますよね?

ケーブルがプロジェクターにちゃんと届く長さか確認してください。

4.Amazon Fire Stick ー映画を見るために

もちろん、プロジェクターを購入しただけでは映画は視聴できません。

映画を見るためにAmazon Fire Stickを購入することをおすすめします。

Amazon Prime Video

Amazon Primeに入会する必要がありますが、Amazon Primeに入会するとAmazon Prime Videoが見放題です。Amazon Primeとは

年間4900円(税込)で入れるAmazonのサービスです。

月額500円(税込)でサービスを受けることも可能です。

Amazon Primeはお試しで一カ月で無料で入会する事もできますので、是非試してみてください。

気に入らなければ一カ月以内にPrimeを退会すればお金はかかりません。

Amazon Fire Stick をプロジェクターに指して、インターネットに繋げるだけでテレビ感覚で映画を視聴することができます。

Amazon ユーザーは必須!
Amazon購入商品の送料も無料になります。

Netflix

Amazon Fire Stickを使用してNetflixも視聴する事ができます。

もちろんNetflixの会員になる必要はあります。

Netflixは最も安いプランで月額800円(税抜)で動画視聴できるサービスです。

その他Fire Stick映画視聴サービス

Amazon Prime、Netflixの他にもhulu、GYAO、U-NEXT、dTV、ビデオパスといったサービスの会員であればFire Stickで視聴できます。

パソコンをプロジェクターにつなげるものあり

Amazon PrimeやNetflixはパソコンでも視聴できます。

パソコンをプロジェクターに繋げて、パソコンの画面をプロジェクターで映し出して映画を見る事も可能です。

ただやはりFire Stickは便利です!!!

5.まとめ

映画館に行くのをやめて、自宅をホームシアターにすると最高の時間が過ごせます。

「週末の夜はにソファーに寝転がりながら、お酒を片手に映画を見る」、映画館に行くより魅力的じゃないですか?

ホームシアターはプロジェクター、スクリーン、スピーカー、映画視聴サービスがあれば出来ます。

家が白壁だったり、パソコンのスピーカーがあったりすれば、プロジェクターを購入するだけでホームシアターが出来ちゃいます。

あなたも映画館に行くのをやめて、自宅で極上の映画時間を過ごしませんか?

ホームシアター、おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました