もう失敗しない!住み込み仕事の注意点7選

暮らし

今まで住み込み仕事を3つ経験してきました。

その中でも当たりはずれはあったので、これから「住み込みの仕事を考えている人」に少しでも「住み込み仕事を探す際の注意点」がシェアできれば幸いです。

この記事では「住み込み仕事」に関してどのような点に気を付けて選べばいいかがわかります。

私は今まで
ゲストハウス温泉旅館榊・仏花販売、で住み込み仕事を経験しています。

1.部屋 住み込み寮

住み込みといっても様々なタイプの住み込み寮があります。以下の点を必ず確認しておきましょう。

【部屋の広さ】

部屋の広さはだいたいどのくらいか確認しましょう。

私は畳3畳の小部屋、8畳の部屋、一軒家を経験しています。

同じ住み込みでも、3畳と一軒家では全くちがうよね。

【共用部分】

シャワー、トイレ、キッチン洗濯機は共用なのか、個室についているのか確認しましょう。

できれば全て個室に揃っている事が望ましいですが、人との出会いが好きな人は逆に共用部分があるほうが良いかもしれません。

また、掃除機などの掃除グッズもあればありがたいですね。

【家具】

住み込みに行く場所が遠い場合、家具を持っていくのは難しいです。体だけ行けば住める状態なのか、住み込むうえでなにか必要な物はあるのか確認しましょう。

住み込みで求人を募集している場合は大体は暮らしに必要な物は揃っています。洗濯機とかね。

【職場までの距離】

私は個人的には職場まで少しでいいから離れている方をおすすめします。

職場の中に部屋がある場合(ホテルなど)、完全なプライベートは少なくなると思ってください。

お客様にとってはあなたが仕事中でも休憩中でもスタッフです。

【家賃・光熱費】

「住み込み寮家賃無料」の場合、光熱費は別途個別で支払う事が一般的な気がします。

光熱費まで無料の場合のところもありますが、その場合は求人に記載してくれていると思います。

【インターネットの有無】

寮で各部屋にスタッフが住んでいる場合は、インターネットがついている事が多いです。

個室寮で別棟だったりするとインターネットは個人で用意する必要があります。

2.仕事

部屋も大事ですが、仕事内容ももちろん確認しましょう。

【勤務時間】

朝食・夕食のあるホテル棟の場合、朝と夜の忙しい時間帯に働くスプリットシフトの事が多いです。

例えば朝6時~11時(5時間)、間休憩11時~18時、夕方18時~21時(3時間)のようなシフトです。

スプリットシフトの良い点は1度の勤務時間が短い事ですが、悪い点は1日中仕事に縛られます。

また、ホテル業の場合は夜勤の場合もあります。

勤務時間をきちんと確認して、到着してから思っていたのと違った、という事にならないようにしましょう。

引っ越ししてから発覚、が一番最悪です。
戻れない事もあります。

【残業の有無】

必ず残業はどの程度あるのか確認しましょう。

なんでもかんでも雇用主に質問しづらい気持ちはわかります。

ですが、重要な事をはじめから言わない雇用主は、後から問題になってきます。

仕事が決まり引っ越しが終わる前に必ず確認しましょう。

録音しておいた方が良いレベルです。

【休み】通常休みと長期休暇

普段の休みはどのくらいあるのか、連勤は最長どの程度か確認しましょう。

働きすぎも働かなさすぎも問題です。

週2~4程度休みの場合、週4休みが1ヶ月続いたら全然稼げませんよね?

あいまいな条件の場合は、月に何日程度働けるのか、連勤はどの程度、週4休みが続く事がありえるのか等、確認しましょう。

また、長期で働く場合は長期休暇を取ることが可能かどうかも確認しましょう。

同じ職場の派遣さんは、15日間連続で働かされていました…。

友達は逆に休みが多すぎて稼げなくて辞めたよ。

【仕事内容】

これは大体求人サイトに載っていると思います。不明な点がある場合は確認しましょう。

【社会保険】

社会保険の有無を確認しましょう。

社会保険加入条件
  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。
  • 1週間の所定労働時間が 20 時間以上であること。

社会保険に加入していると、仕事を辞めたときに年金の免除申請ができたり、ハローワークに登録して失業給付金が受け取れる事があるので、加入している場合は仕事を辞めたときに役立ちます。

3.まかない

住み込みの仕事を考えている人は、お金を貯金したい人が多いと思います。

そこでまかないの有無がかなり重要になってきます。

【1日何回?】朝?昼?夜?

「まかない有」と言っても、朝のみのまかないなのか、夜のまかないなのか、によって全然違いませんか?

まかないはいつ付くのか、確認しましょう。

先人のレビューがある場合は別ですが、期待するのはやめましょう。

私のまかないは「ご飯・目玉焼き・味噌汁」でしたよ…。

【休日のまかない】

大きいホテルだと休日のまかないが付いている所もあるみたいです。

休日までご飯が付いていたら、かなりありがたいですよね!

4.温泉

温泉宿だと温泉に入れる場合があります。

【温泉入浴可か】【いつ?】

温泉宿の場合は温泉に入浴していいのか?

またいつ入浴していいのか?休みの日も入浴していいのか、聞いてみましょう。

5.面接

遠方の場合、交通費もかかり大変ですよね。

ですが経験者の私は強く面接に行く事を推します

【現地確認】

できればついでに旅行気分でいいので、面接に行って職場の雰囲気、上司やまわりのスタッフを確認しておいたほうが良いです。

もし相手の時間に余裕がありそうであれば、部屋の確認もお願いしましょう。

【面接なしで採用の場合は、人手不足の場合が多い】人が辞めるから

面接なしで採用を決める会社がありますが、その場合は誰でもいいから人が来てくれればいいのです。

常時人手不足の可能性があります。

なぜ人手不足か?

人が辞めるからです。

労働条件であったり、人間関係であったり、なにかしら悪質な問題がある場合があります。

面接なしで採用の会社はおすすめしません。

面接なしで採用の会社は、会社がまわればいいのです。
人を人として見ていません。選んでないのだから。
来てすぐ辞めても構いません。別に新しい人が来るから。
そんな職場で働きたいですか?

6.確認しすぎじゃない?

以上5点の注意点がありますが、「確認しすぎではないか?」を思われるくらい細かい注意点があります。

気持ちはわかります。

一気に聞きづらい場合は何度か電話している時に、思いだしたように聞いてみましょう。

全ては確認しなくても求人に載っている場合もありますし、個人的に重要だと思う点だけでも確認しましょう。

【確認不足の原因はあなた】

引っ越し完了してから、「知らなかった」では済まないです。

求人会社が元の条件を公言していない以上、「条件がちがう」と話合う事もできません。

あえて会社が言いたくない情報(残業等)を求人に載せていない場合もあり得るので、必ずあなたが確認しましょう。

【答えてくれない会社はブラック】

たくさん質問しすぎると、会社から返事がなくなったり、メールの返信がないときがあります。

そのようなときは「会社が答えたくない」という事です。

ほぼブラックと思って良いと思います。

「細かい奴」と思われるかもしれないけど、

クリーンな会社は快く全部答えてくれます。
勝手に良いイメージをしたのはあなたです。

7.派遣か直接雇用か 派遣のほうが時給が高い

同じ会社でも派遣会社で求人が出ている場合もあれば、会社から直接雇用という形で求人が載っている場合があります。

【派遣のほうが時給が高い】

当時私は派遣の事をあまり調べず、直接雇用で応募してしまったのですが、派遣で同じ会社の求人が出ていれば、派遣会社経由のほうが時給が高い場合が多いです。

当時同じ仕事内容・条件で

直接雇用 時給860円

派遣 時給1000円

でした。悲しい。

なぜかって求人を出している会社が人材紹介してもらう代わりにかなりの紹介料を派遣会社に支払っているんですよね。
前の社長は時給1000円の子に、派遣会社には時給1600円分は払っていると言っていました。

【派遣会社が仲介】間に入って問題解決

派遣会社を介して住み込みの仕事に就くと、派遣会社の担当の人が仕事内容がちがったり、勤務時間がちがったりしても、雇用主に確認して話をしてくれます。

たくさんある住み込み注意点も派遣会社の担当の人に全て聞いてしまえば楽ちんですね。

【派遣会社 有名どころ】

グッドマンサービス

1000円以上の高時給求人が一番多いようです。また求人件数も一番多いようです。

ヒューマニック

【ヒューマニック】

業界大手で、温泉などのリゾートバイトの求人が多く載っています。

好きな自然から選んでも良いですし、1000円以上の高時給の求人もたくさんあります。

アルファリゾート

温泉地の求人数が多いようです。仲居さん(客室係)に興味がある人には良いかもしれません。

う~ん。なんかでも、リゾートバイトの派遣会社、悪い評判もあるみたいです。
とりあえず登録してみて時給や条件、派遣会社の担当者の人の対応を比べてみても良いかもしれません。

私は過去ヒューマニックグッドマンサービスに登録しましたが、

結局探し求めていた求人はそこでは見つかりませんでした。

私が探し求めていた条件は
・夫婦で働ける
・夫は外国人(日本語日常会話レベル)
・猫2匹連れている

です。速攻で「そんな求人ない」と言われたよ♡

【スミナビ】住み込み求人ナビ

実際に私が利用した求人サイトです。

住み込みナビでは派遣会社を介するわけではなく、会社の求人を載せているだけのサイトなので、同じ会社でも派遣会社を通すよりは時給が低い場合があります。

実例1 【失敗】ペット可の温泉宿 レストラン・掃除・受付

面接なしで質問も十分にせずに採用が決まり赴きました。
蓋を開けてみると、外国人労働者が月1~2休み程度で1日10時間以上働かされている労働基準法違法の宿でした。
私は雇用主と話合いをし、労働基準法に違法しない範囲で働きました。

この宿では派遣会社から派遣される人もたくさんいて、私はスミナビから応募した私は時給860円でしたが、派遣会社を介した人たちは同じ仕事内容で時給1000円でした。

雇用主は人を人と思っていない、尊敬できない人でした。

よく確認しないとこうなりますよ。

実例2 【成功】山の中での榊・仏花販売

ここで、「夫婦」「夫は外国人(日本語日常会話レベル)」「猫2匹可」の求人情報を見つけました。

しかも一軒家5LDK平屋。
家賃無料!水道代無料!

1度目の失敗から学んで、片道10時間以上かけて面接もし、仕事場と家も見せてもらい、社長の人柄も最高に良い人で、満足に暮らせています。

犬・猫と住み込み 求人

STAY WITH DOGというサイトでペットと泊まれる宿の求人が載っています。

犬・猫と一緒に住み込めるか、また住み込め自体できるのかは宿ごとに異なりますが、ペット可のお宿なので問い合わせしてみる価値はあると思います。

8.まとめ

住み込みの仕事は、お金を貯める面では優れていますが、よく確認しないと大変な事になります。

確認しないといけない点はたくさんありますが、経験者の私は強く言います。

必ず確認しましょう。

質問に答えない会社はブラックです。

ブラック会社に確認しないで飛び込むのは、確認を怠ったあなたに責任があります。(過去の私)

ちゃんと確認して、理想の住み込み求人を見つけてください。

幸運を祈ります。

タイトルとURLをコピーしました