Amazon 欲しいものリスト

ないです。クリックしていただいた方、すみません、ありがとうございます。

せっかくなのでこのページにたどり着いた方、少し記事を読んでいっていただければ嬉しいです。

お恥ずかしい話ですが私は30歳になって人生で初めて寄付をしました。

今まで団体に寄付をしても本当に良い使い道に使われているのかわからない、という理由から寄付を避けてきました。

ただ世の中には本当に一生懸命自分の信念をもって問題に取り組んでくれている人たちがいます。

自分はお金持ちではありません。

でもモノを減らしてシンプルに暮らして、少しだけお金を工面することはできます。

少しだけでも自分の関心のある問題に貢献できれば良いとは思いませんか?

1.信頼できる活動団体のAmazon欲しいものリストから購入して送る

InstagramTwitterでは個人や団体で様々な活動をしている人を見かけます。

SNSで活動の写真や様子を見ることができるので、文字だけの団体よりは信用できると思います。

メッセージも気軽にできるので、気になる質問もできます。

信頼できる人・団体なら真面目に答えてくれると思いますよ。

お金ではなくモノを送る事ができる

支援したい人のAmazon欲しいものリストからモノを選んで送る事ができるので、自分が何にお金を使ったかが明白です。

活動団体のAmazon欲しいものリストが活動内容と一致していれば、なおさらですね。

良い例

犬・猫の保護活動団体の欲しいものリストがペットフード

悪い例

犬・猫の保護活動団体の欲しいものリストがビール

1.まずは気になる活動団体をフォローしよう

InstagramやTwitterでは気軽にフォローできます。

気になるワードで検索してフォローしましょう。

プロフィール欄にAmazon欲しいものリストが載っていたらCHECK !

2.支援したい団体のAmazon欲しいものリストからギフトを送ってみよう

Amazon欲しいものリストからギフトを送る方法

Amazon欲しいものリストからギフトを送る方法
  • 相手のAmazon欲しいものリストを開く
  • モノを選んでカートに追加する(自分のAmazonアカウントにサインインして)
  • レジに進む
  • 匿名のお届け先住所を選択
  • 通常通り支払方法選択・注文を確定する

匿名のお届け先住所を選択以外はいつものショッピングと変わらないよ。

匿名のお届け先住所を選択

間違えて自分に送らないでね。笑

応援メッセージを書いて次に進む

終わり!

これでギフトが団体に届きます。

送り主の住所・名前は匿名ではないです。

送り主を匿名にするにはAmazonギフト券の購入が必要です。

2.寄付はしなくとも署名はできる

インターネット上での情報、ましてや文字や少ない画像から判断するには難しい事もたくさんあると思います。

本当に戦っている人の言葉はきっと響くはずです。

お金を寄付しなくてもいいんです。

1人でも同じ思いの人がいる事がいる事を表明する事で、なにかが変わるかもしれません。

Chage.orgでは様々な団体がキャンペーンを立ち上げ、個人の賛同を得て活動をしています。

動物子供女性環境など、キャンペーンのトピックは多岐にわたります。

個人でも集まれば大きいパワーになるはず!

きっと世の中の変えたいこと、あるはずです。

3.寄付金用のお金を取っておく

私は毎月いくらまで寄付として使用してよい、と自分の中で決めています。

毎月の上限を決めておく事で、自分の生活を苦しめないし、始めから寄付用のお金という認識があるので、損した感がないです。

もちろん、毎月寄付する必要はなく、したいときにすればいいのです。

さあ、早速アクションを!

実際に自分が活動する事は難しくても、少しの助けはできるはず!

あなたが好きなものや関心があるもの、考えてみてください。

一度、経験してみよう。どう感じるかな。
自分のお金、もったいない、なんて思ったかな?

イルカ
畜産動物・殺処分犬・猫

少しでも自分のできること、少しでもヘルプを 

”寄付”という言葉を出すと”偽善”や”自己満足”という言葉が出てくる事がある。

そこで私の好きな言葉が出てくる。

タイトルとURLをコピーしました